愛しさとゲーム業界と小さな生命体と私。

少々の戯言と少々のゲーム業界での仕事の話と不幸な生命体のお話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ゲームバトンを渡された私。
私が尊敬して止まないブログ様からゲームバトンなるものを
渡されてしまい、僭越ながら記事を書きに参上仕った恐縮至極な私。
発生元を調べたところ、バトンを渡された人は次の5人渡さないと
ゲーム本体の中からなにかが飛び出てきて取り憑かれたりしするらしいので
わが身の平和を守るためにも質問に答えようかと思います。
そして不幸も次の5人選ばれてしまった方、許しなど請いません。
ぜひ私を責めてください。



1.Total volume of game files on my computer
(コンピュータに入ってるゲームファイルの容量)

6.84Gらしいです。
このうちの95%がFF11のデータだとウィンドウズさんは教えてくれました。


2.Game playing right now(今進行中のテレビゲーム)

タクティクスオウガ(SFC)
会社の陳列棚からソフト拝借、友人の押入れから本体拝借。


3.The last video game I bought(最後に買ったテレビゲーム)

ロマンシング・サガ ミンストレルソング
2週目のラストまで行って、どうあがいてもラスボスに勝てそうに無くなった
とてもステキなゲームを買いました。


4.Five video games I play to a lot, or that mean a lot to me
(よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム)

1.クロノトリガー
このゲームがなければ、私はゲーム業界を目指さなかったでしょう。

2.FF11
このゲームがなければ、私は廃人と呼ばれることは無かったでしょう。

3.大乱闘スマッシュブラザーズ
このゲームがなければ、私は笑い死ぬ思いはしなかったでしょう。

4.タイムスプリッター
このゲームがなければ、私は友人と過ごした大半の時間の説明ができません。

5.洞窟物語
このゲームがなければ、私は趣味でゲーム作りなどしようと考えなかったでしょう。



Five people to whom I'm passing the baton
バトンを渡す5名

なんでも作るよ。
bricklife.weblog.*
+日々語り+
るー冒険記
□eを●●していたスレ
(順不同。敬称略)



すでにバトンが渡ってきていらっしゃるサイト様もございましたが
ゲームバトンとは別のものだという解釈の元
私がよく巡回しているブログ様3件と、身内2件に
このバトンを勝手に送りつけておきます。
それでは、このバトンが高橋名人に届くことを祈って。
| インターネットと私。 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(5) |
酒屋でしちゃった衝動買い
昨夜、同僚と今後の仕事についての重要な会議という名の
飲み会をしました。
私が会議という名目で呼び集めたのですが気がつくと
飲み会になっていました。
私と数人で買出しをしたのですが、目を離すと買い物カゴいっぱいに
お酒を詰めている同僚の姿を確認しました。
私が乾杯の音頭を取る羽目になったのですが、私は警鐘の意味で
「先に確認しておくけど、これは話し合いの場だから。」
と、言ったけどこれが乾杯の挨拶になったみたいでした。
でも私は、彼らを責めることなどできません。
なぜなら買出しの時点で
私は思わず目に留まったコレを買い込んだからです。
そう、私も実はノリノリだったのです。
だから、今後の仕事についての重要な会議が滞りなく行われなくたって
それは仕方がないことなのです。
仕方がないことなのです。
仕方がないことなのです。
| インターネットと私。 | 21:01 | comments(7) | trackbacks(0) |
第二のタマちゃん、死す。
GW中に話題になってたらしい、第二のタマちゃんと呼ばれた
東京湾に迷い込んだ体長7mのメスのクジラ。
私がこの存在を知ったのは、なんとも遅い今朝のとくダネからだった。
特に気に留めていなかったが
自宅に戻ってニュースを確認して驚愕した。


東京湾に出没のクジラ死ぬ 死因は溺死 千葉・富山町沖


なんということだ。
今朝(正確には昨日。今朝の映像は録画テープ。)まで元気だった
彼女の姿はもう見ることが叶わないらしい。
とても複雑な気持ち。
せめて三途の川では網に引っかからないことを祈るばかりである。
| インターネットと私。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
本当は言いたくない私のヘンなクセ
◆はじめに
日々が平凡に過ぎていくので記事に書くことがありません。
そこでJUGEMさんのトラックバックBOXに乗っかることにしました。
なぜかといいますと、本音は来客者どもが私のブログに
コメントを残しやがる確率を1%でも高めたいからですが
そんなことは頭で思っても言えないので建前を記しておきますと
自分を見つめなおすいい機会だと考えたからです。
話がずれました。



◆私のヘンなクセ
考えてみると、これに該当するかなりの数のクセが思い当たったので
差し支えないところでお話しますと

・ノリのいい音楽に出会うと、ドラムパートを勝手に口ずさむ。

ズン、タッ、カッ、ツッの4単語あれば大抵のリズムにノれます。
普段の生活でも勝手に頭の中でボイスパーカッションを行うほど。
そんなときに、ふとよさげな音楽がふと流れてきたら
きっと私は無意識のうちに口ずさんでいる気がします。
だいぶ頭がイカれた野郎ですね。



◆おわりに
「自分を見つめなおすいい機会だと考えたから」か。
この企画に参加して得たものは
改めて自分は変な人種なのだということに気づいたことでした。
気をつけようと思います。
| インターネットと私。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
かっこいい大人になりたい私。
ふとこんなニュースを目撃しました。


任天堂:山内氏、取締役退任で退職金返上 「10億円、会社の投資に」


なにこれ、かっこよすぎ。
自分の会社をいかに愛していたかわかります。
自分の所属した組織をここまで誇りに思えるだなんて
なんてかっこいい大人なのだろうか。
いつか自分もこんなことができる大人になりたいものです。

ところで話は変わって、今から同期の人間と初任給で焼き鳥食べてきます。
こんな私に給与を出してくださった組織を誇りに思います。
愛しています。
思う存分私利私欲に使おうと思います。
うーむ、なんてかっこ悪いのだろうか、私は。





追記(2005/04/29 2:25)
食べ過ぎた苦しい欝だ氏脳。
| インターネットと私。 | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
すっごい楽しいフリーゲーム「洞窟物語」
友人から紹介されて遊んでみた洞窟物語というゲーム。
開発室Pixel様のフリーゲームというコンテンツから遊ぶことができます。
このゲームの第一印象はファミコンチックでした。
そして遊んでいけばいくほどどんどんのめり込めちゃうアクションゲーム。
障害物やモンスター配置の絶妙なゲームデザイン。
ステージを進むごとに感じる難易度設定の工夫。
しっかりとした、それでいて愛嬌のあるストーリー。
はっきり言ってまったく非の打ち所がないゲームでした。


絵やムービーの綺麗さばかりに力を注ぎ込みすぎている最近のゲーム。
続編モノやキャラモノに頼る部分が多くなってきた最近のゲーム。
そしてそんな状態がマンネリ化しつつある最近のゲーム。
そんなマンネリを軽く吹き飛ばす力を洞窟物語は持っていると感じました。
ゲーマーとしてもプログラマーとしても
見所がたくさん詰まったこの洞窟物語。
一度ご賞味アレ。



そういえばゲームなんかしている場合じゃなかったけどまぁいっか。





※上記のHPの管理人様へ。
◇無断リンク禁止
◇記事に不適切な表現がある
などの理由で、この記事の削除を希望する場合
コメントに一言その旨をお書きください。
猛ダッシュで記事を削除いたします。
| インターネットと私。 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(1) |
人権擁護法反対を支持する私。
ふとネットを散策すると興味深い記事を見つけました。


人権擁護(言論弾圧)法案反対!
サルでも分かる?人権擁護法案
人権擁護法反対!送信済みメール等まとめ


この記事を見るまでまったく存在すら知りませんでした。
上記のURLはどれもとても詳しく書いてありますが
どこを縦読みすればいいの?
ってなるぐらい文章の量が半端ではないので
このFlashをみて理解するのもいいと思いました。
内容どうこうについては上記のサイト様を見ていただくのが一番なので
私はこの件についての主観的な意見を残しておきます。



正直言って最初はネタかと思いました。
でも鬼気迫る雰囲気にどうしてもこれを
ネタと一蹴することができませんでした。
結論から申しますと
私はこれを全面的に信じてかつ反対いたします。
それと同時に怒りを通り越したあきれを覚えました。
それは何に対してかというと
この件を報道しないマスコミでもなく
これに気づかなかった自分自身でもなく
この法案を発案した人物でもありません。
法案を黙って通せる政治形態です。
こんなの子どもの口ゲンカレベルじゃないっすかぁ(;つД`)
国「ぱーんち。」
民「いてぇ!なにすんだよぉ!?」
国「今日から俺はお前にパンチできるって俺が決めた。」
民「(゚Д゚)ハァ?何勝手なこと言ってんだよ。聞いてねぇよ。」
国「でも決まったことは仕方がない。」
民「( ゚д゚)ポカーン…」
こんな感じ。
ありえなくない?



ってことで
上記のサイト様すべてを応援するとともに
私は人権擁護法反対を支持いたします。






※上記のHPの管理人様へ。
◇無断リンク禁止
◇記事に不適切な表現がある
などの理由で、この記事の削除を希望する場合
コメントに一言その旨をお書きください。
猛ダッシュで記事を削除いたします。
| インターネットと私。 | 03:06 | comments(0) | trackbacks(5) |
改めて感銘を受けた
Master of Epicを再開する気になれません。
理由はゲーム中「カクカク動きすぎ」だからです。
もうハンパじゃありません。
愛想も尽きました。


ところでネットを徘徊しているとこんなサイト様に出会いました。
そこでは日記のコンテンツの一つとしてMMORPGを語っています。
そこにあったのはあまりにも的確で飾らない文章たちでした。
中でもMaster of Epicの項は現在プレイしているので大変興味深いものでした。
とりあえず


デザインは期待が持てる。プログラムは残念ながら糞。ある意味 FFXI の対極存在。

という総括には激しく同意と言いたい。


それにしても上記のサイト様の書く文章は鋭い。
読んでいる人によっては「毒を吐いている」「トゲのある文章」と
思われるかもしれない。実際少なからず私は感じました。
これが失礼な表現であることは重々承知です。
さらに私以前上記のサイト様のブログにスパムトラバした経験があります。
まったく失礼な奴です、私は。
とにかくこのサイトMMORPGプレイヤーとプログラマにはオススメです。





※上記のHPの管理人様へ。
◇無断リンク禁止
◇記事に不適切な表現がある
などの理由で、この記事の削除を希望する場合
コメントに一言その旨をお書きください。
猛ダッシュで記事を削除いたします。

| インターネットと私。 | 05:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
右脳刺激系
すごい不思議なFlashを見つけた。



なんだろう。言葉に表しにくい感情が芽生えた。
なんか常識にとらわれていた自分がいたなぁ、って感じた。
発想や表現はどこまでも自由なんだなって思った。
この気持ちをプログラムにぶつけようって考えたけど
このジェットトイレを見てそんな考えは
ニトロと共にすべて吹っ飛んだ。




※上記のHPの管理人様へ。
◇無断リンク禁止
◇記事に不適切な表現がある
などの理由で、この記事の削除を希望する場合
コメントに一言その旨をお書きください。
猛ダッシュで記事を削除いたします。
| インターネットと私。 | 03:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
Puchi☆Puchi
こんなのみつけた。
最初は馬鹿にしてたが何故だか繰り返しやってしまう。
そして不思議な気持ちになる






※上記のHPの管理人様へ。
◇無断リンク禁止
◇記事に不適切な表現がある
などの理由で、この記事の削除を希望する場合
コメントに一言その旨をお書きください。
猛ダッシュで記事を削除いたします。
| インターネットと私。 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ