愛しさとゲーム業界と小さな生命体と私。

少々の戯言と少々のゲーム業界での仕事の話と不幸な生命体のお話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人権擁護法反対を支持する私。
ふとネットを散策すると興味深い記事を見つけました。


人権擁護(言論弾圧)法案反対!
サルでも分かる?人権擁護法案
人権擁護法反対!送信済みメール等まとめ


この記事を見るまでまったく存在すら知りませんでした。
上記のURLはどれもとても詳しく書いてありますが
どこを縦読みすればいいの?
ってなるぐらい文章の量が半端ではないので
このFlashをみて理解するのもいいと思いました。
内容どうこうについては上記のサイト様を見ていただくのが一番なので
私はこの件についての主観的な意見を残しておきます。



正直言って最初はネタかと思いました。
でも鬼気迫る雰囲気にどうしてもこれを
ネタと一蹴することができませんでした。
結論から申しますと
私はこれを全面的に信じてかつ反対いたします。
それと同時に怒りを通り越したあきれを覚えました。
それは何に対してかというと
この件を報道しないマスコミでもなく
これに気づかなかった自分自身でもなく
この法案を発案した人物でもありません。
法案を黙って通せる政治形態です。
こんなの子どもの口ゲンカレベルじゃないっすかぁ(;つД`)
国「ぱーんち。」
民「いてぇ!なにすんだよぉ!?」
国「今日から俺はお前にパンチできるって俺が決めた。」
民「(゚Д゚)ハァ?何勝手なこと言ってんだよ。聞いてねぇよ。」
国「でも決まったことは仕方がない。」
民「( ゚д゚)ポカーン…」
こんな感じ。
ありえなくない?



ってことで
上記のサイト様すべてを応援するとともに
私は人権擁護法反対を支持いたします。






※上記のHPの管理人様へ。
◇無断リンク禁止
◇記事に不適切な表現がある
などの理由で、この記事の削除を希望する場合
コメントに一言その旨をお書きください。
猛ダッシュで記事を削除いたします。
| インターネットと私。 | 03:06 | comments(0) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 03:06 | - | - |









http://symsystem.jugem.jp/trackback/145
■堀江とワカメと人権擁護
ライブドアのホリエモンこと堀江社長・・・今日は取りあえず勝ました。。。仮処分が出た後のほりえもんの記者会見では凄いフラッシュの嵐で「暑い」を繰り返した。少しやせた方が良いと思う。。。フジテレビの日枝会長のほうは会見も開かず、たった一行だけ書かれたコメ
| ★めざせ!ポジティブ ライフ♪ | 2005/03/12 5:54 AM |
言論の自由とポテチ、天晴れ!教授
●言論の自由が危ない! 先日『ちびくろさんぼ』復刊の話題から差別問題をピックアップしました。今度は人権擁護の見解から表現の自由が阻害されるであろう法案の成立を反対する運動が活発化しているというから穏やかではない。    【人権擁護(言論弾圧)法案反対!
| ★知るって楽しい!★ | 2005/03/12 6:21 AM |
人権擁護法は表現を萎縮させる
ある方からの情報だが近々、自民党が法務部会を開くという。この法務部会を通過しないと問題の人権擁護法案は国会にあがらない。が、政府は15日に閣議決定させ国会に提出する予定になっている。このままでは間違いなく国会で賛成多数で可決してしまう。焦りまくりです{/
| なめ猫♪ | 2005/03/12 6:56 AM |
人権擁護法案って?
天気:{/kaeru_fine/} まずは【こちらのFlash】をご覧下さい。 「もう見たよ」ていう人がいるかもしれませんが、一応。 (注:3月15日に可決といわれてましたが、延期になったそうです。) はじめはネタかと思いました。 ところがどっこい、ホントの話なんですね。 産
| まったり★blog | 2005/03/12 8:37 PM |
人権擁護法案関連のトラックバックセンター
人々の言論の自由を規制する悪法、人権擁護法案に関連するトラックバック 人権擁護法案(じんけんようごほうあん) 人権擁護法案反対にご協力をお願い致します!!  この法案は差別等の人権侵害を禁止するものですが、「差別」を厳密に定義しておらず、また差別
| ブログニュース速報@トラックバックセンター | 2005/03/13 9:05 PM |

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ