愛しさとゲーム業界と小さな生命体と私。

少々の戯言と少々のゲーム業界での仕事の話と不幸な生命体のお話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あなたの宗教論、聞かせてください。
プログラムのコーディングスタイルには
各々にさまざまなこだわりやルールを適用していると思います。
それらのほとんどはつまるところ
まったくの主観的意見であり好みであり自由なのです。
ゆえに、そういったこだわりを私はよく宗教に例えています。
今日は私よりも遥かに優れるプログラマどもに宗教論争を仕掛けました。
そこで語り合った中で、特に衝撃を受けたものを以下に
書き殴っておきます。


※前提条件として、C/C++上での話ということで。


それは「オブジェクトに対する命名規則」です。
この世にはハンガリアン記法と呼ばれる命名法が存在するのですが
私はこれの信者です。
しかし他のプログラマはこれを一切使わないそうです。
正確には使っていたけど、やめたそうです。
また、関数の命名規則について
私は動詞+目的語+名詞で頭文字は大文字にしていました。
しかし他のプログラマは
動詞+目的語+名詞までは同じですが、頭文字は小文字だそうです。
私は、人によってさまざまなスタイルや考えがあるのだなぁ、と感じ
自分は自分のスタイルを貫こうと客観視していたのですが
とあるプログラマのつぶやいた一言で衝撃を受けました。

現在、最も流行してるコーディング規約に合わせる。
だから昔はハンガリアンを使っていたし、今はjavaだと思うから
javaの命名規則でプログラムを組む。自分のこだわりなどいらない。


なるほど。なんと柔軟性のある考えだろうか。
その考え自体が私にはこだわりに感じましたがそれは置いておいて。



自分の考えをまったく変えるという行為は
歳月が重なるたびにより大きなエネルギーを必要とするもの。
いまのうちかな。
よかったらあなたの宗教論、聞かせてください。
| プログラムと私。 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |









http://symsystem.jugem.jp/trackback/195
コーディング宗教論
友人がコーディングについて語っていたので宗教論ではないが体験談を書き記してみる。 システム系(私の会社だけかもしれませんが)では、会社で統一した宗教を押し付けられ個...
| るー冒険記 | 2005/06/05 4:16 PM |

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ