愛しさとゲーム業界と小さな生命体と私。

少々の戯言と少々のゲーム業界での仕事の話と不幸な生命体のお話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
CEDEC!CEDEC!
CEDECに行って来ました。
3日間あるうちの今日だけですけどね!
CEDECとは平たく言うと、ゲーム開発者による講義の集会です。
そのうち私の受けた4つのセッションの感想などを
以下に落書きしておきます。

◆1限目:シェーダ ワークショップ 初級者・アーティスト編
これは、Microsoftの提供するシェーダ言語のHTSLを
実践を踏まえて解説するという内容だった。
が、実の内容は既に8つの問題ファイルが用意されていて
その中の1行〜2行程度を書き換えれば
問題クリア&正解表示といった、非常に簡単なものだった。
もうちょっとHelloWorld的なものを期待していた私としては
あまりに内容が薄いように感じた。
早々に8つの問題を終わらせて
受付時にもらった、参加記念品を覗いていると
中からMicrosoft提供の洗剤のトップが現れてびびった。


◆2限目:FINAL FANTASY XI MMORPGの開発と運営
田中弘道/SageSundi/田中啓介の3方による講義だった。
開発の説明が田中弘道氏。
サービス運営がSageSundi氏。
ネットワーク管理が田中啓介氏で進んだこの講義
残念ながら前半寝ていたのでよくおぼえていn(ry
とりあえず気になった点を覚えている範囲で箇条書きしておきます。
・GMコールは全サーバのものが一つにスタックされて上から処理されてゆく。
・GMコールはその内容から重み付けを行い、評価点の高いものから処理する。
・鯖のスペックはCPUがP3を2枚にメモリ2G。
・次の拡張パックでCPUをP4に乗せ変えようか検討中。
・1キャラあたり毎秒平均2パケット送受信している。
・1パケットあたりクライアントからの送信は平均75byte/packet。
・1パケットあたりサーバからの送信は150〜200byte/packet。
・ピーク時のサーバ接続数は4000〜4500キャラを想定している。
・平日の最低の接続時間帯は5:00〜8:00、19:00前後。
くらいかな。


◆3限目:次世代コンソールのためのマルチスレッド物理と
PhysXのスケーラビリティ
外国の講師だったので、通訳受信用のトランシーバを渡された。
内容は非常に濃いので私なりに無理やり要約すると
・マルチスレッドを用いた物理エンジンをゲーム中に適用することによって
処理負荷を描画にのみ専念できて、リアルな物理系計算がたくさんの
オブジェクトに適用できますよ。
・ゲームに登場するオブジェクト同士が相互に物理影響を受けると
ゲームはもっとおもしろくなる、ってことと
・AGEIAの開発したPhysX SDKをヨロシク
ってことかな。よくわからないね。


◆4限目:無料オンラインゲームサイト「ハンゲーム」
いかにして有料化サービスを成功させたのか?
今まで受けた講義の中で、もっともプレゼンが上手だったのがここだった。
講義の方がいやにユーザ視点のコメントを踏まえるのが私的には好印象。
あと具体的な数値がかなりの数紹介された。
例えば同業のシェア率は全体の24%だとか
キャラからキャラへプレゼントを送ると10円かかるそうだが
それが月単位で100万回行われているので
その機能だけで1000万の稼ぎがでているだとか
MMORPGのような月額定額制は平均1400円程度の稼ぎだが
アイテム課金の場合は平均4200円ぐらいは稼げるだとか、そんな感じ。
タイトルのいかにして〜の部分は
ユーザ同士のコミュニケーションが確立したときに
彼らの間での自己顕示欲を駆り立てるためにいろいろな見た目の変わるアイテムを
用意して、そこに課金を行ったのが主な成功だそうだ。
納得である。


◆感想
全体を通して思うことは
よい参考と経験にはなったが、得るものは多くはなかった、である。
しかしせっかくこのようなゲーム開発者の関する機会があったので
これからも、雰囲気や経験を大切に積極的に参加したいものである。
| 日々と私。 | 23:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - |
Fatnastic Site!
| crimnal backgroundcheck | 2006/03/19 10:37 PM |










http://symsystem.jugem.jp/trackback/213

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ